宇部市 学習塾 中学受験 高校受験 大学受験 進学塾 試験対策 個別学習

高校部 レベルアップ英語T
(センター・2次対策)

高校生のコース

Microsoft等の企業からも請け負う翻訳業の第一人者として活躍中で、早稲田大学商学部出身の講師が指導するレベルアップ英語Tコースです。

英検1級所持、平成27年9月のTOEIC試験で920点(990点満点中)を獲得した講師が指導に当たります。

センター水準で9割の得点率を目指す「英語T1」クラスは毎週木曜日(20時00分~21時45分)、国立大学・難関大学(東大含む)二次試験水準で得点力の向上を目指す「英語T2」クラスは毎週土曜日(20時00分~21時45分)の開催となります。

レベルアップ英語T
講座の特長

・衛星授業ではありません。リアルの講義・演習形式です。
(講義・演習時間90分)

・GTEC(ジーテック)やTOEIC(トーイック)、センター英語の対策につながるListening、Reading、Writing、Speakingの4分野を強化する内容です。

英語の授業風景 ↑講義の様子

<確実に伸ばすため、添削もしっかり行っています>
英語の添削


・国立二次対策にもつながるライティング(英作文)が楽しく学べるような構成です。英作文の楽しさをしっかりと伝授します。

<英作文の添削例>
英文の添削

・英語T1コースは英語Ⅰを履修していることが前提ですから、徳進館キャンパス本課生の高校2年生(中高一貫の高校1年生)で、英検準2級~2級水準を有する方が主な対象となります。

・英語T1では中間試験制度があります。つまり、9月に英検2級もしくはTOEICを受験して頂きます。もちろん、それらの合格に向けて全力を挙げるわけですが、①学習態度に起因して、10月の結果で、②英検2級1,350点未満、③TOEIC520点未満のすべてに引っかかる生徒は10月末で講座を終了して頂きますので、予めご了承ください。

対象者

・当塾キャンパスコースの受講者もしくは修了者
・英語Ⅰの履修者もしくは英検準2級以上所持者
・英語力向上の意欲が旺盛な生徒

※なお、当塾の本課生の参加が優先となりますので、本課生で満席になるような場合は、外部生の方はご入塾いただけません。

英語T1 コンセプト

【英語T1 2018年度コンセプト】

2018年度で本講座は3年目を迎えます。2年目の受講生のうち、受験生(高校3年生)は志望校・併願校に全員合格し、高校1年生でも得点率8割に達する者も見られました。

今期はセンター試験における若干の変更に対応し、英検2級の6月受験 での合格者数増を狙っていきます。

既に文部科学省がセンター試験に代わる試験制度の策定に取り掛かっており、各大学も対応に追われています。それに合わせ、これまで既に確立している学習法・学習教材により、英検2級・センター8割を当然の目標としてきま したが、今後はその2点はもとより、二次レベルへ無理なく学力レベルをつなげていくことが今後のT1講座での目標となってきます。

また、今期よりフェーズ毎の目標を生徒と共有し、その達成に向けてこれまで以上に歩調が合わせられるよう施策を打ちます。

講義形式で進む授業で起こりがちな「分からないけど恥ずかしくて聞けない」、「分かっていて先へ進みたいけど言い出せない」というような誰も得をしない状況を未然に防ぎ、全体の学力・到達目標を底上げします。

1年を通じてのカリキュラムは下記を参照されてください。

フェーズ毎に大まかなコンセプトや達成目標が設定さ れています。特に医学部・薬学部などの難度の高い学部を受験する生徒が目立つことから、兵庫・灘高校1・2年生の授業ペースを参考にカリキュラムを組みました。

最終到達レベルは非常に高いですが、努力すれば必ずついて来れることは昨年受講した宇部高校 1 年生の女子が証明してくれています。是非ご参加ください。



【Phase1】 <4・5月 基礎英文法構築>
英語学習の質・頻度・速度を超高校級に育成することを旨とし、学校での英語学習習慣を一気に脱するフェーズです。

「この講座は本気でやらないとヤバい」という意識を全員が初日に持つようにリアルな受験の現状、T1卒業生の成績推移、大学以降での英語との関わり方などを伝えて、「頑張らなくてはならない理由」を明確にした状態からス タートします。

講座に参加する学年に関わらず、1カ月ほどで一通りの高校英文法事項を学びます。文法を確認した後に4技能を意識した演習を重ねます。

英検6月受験者を想定しておりますので、英検素材で学習しますが、センター問題にも取り 組みます。

昨年度は公立高校1年生が参加して、努力すれば問題なくついて来られたのでそのペースを踏襲します。

Nintendo DS ソフト「英語漬け」によるリスニング基礎体力作りは講義初日から義務として行っていただきます。 定期的に進捗状況をチェックしますが、実力は講義中のリスニングで測ります。

<4・5月講義例>
20:00-21:10 英検 2 級ボキャブラリテスト
20:10-21:50 英文法語法のトレーニング講義+問題演習
20:50-21:20 英語の構文 150 和訳演習+講義
21:20-21:45 講義復習・英検 2 級ボキャブラリ復習テスト



【Phase2】 <6・7月英検2級・センター試験チャレンジ>
英検受験からセンター試験へチャレンジする段階です。英検2級合格を目指す場合に必要な4技能レベルを確実に伸ばすため、英検教材では到達できない文法的内容に踏み込むため、敢えてセンター教材も活用します。

これらの演習を重ね、7月末時点で英検受験者の9割が1次合格、クラスの6割がセンター第2・3・4問合計で8割を目標と します。
※今期は 6 月 3 日が受験日です。

結論的に言えば英検合格は語彙力強化・モチベーション向上・英語学習習慣の進化を目的としているので、センター試験へのチャレンジは異なる戦略が必要です。その実践となるのがこのフェーズとなります。例年ここから実力は一気に加速していきます。

<英検受験前講義例>
20:00-20:10 英検 2 級ボキャブラリテスト
20:10-20:50 英検対策試験+講義
20:50-21:20 英検リスニングテスト
20:20-21:45 復習・ボキャブラリ復習テスト・英語漬け進捗ヒアリング



【Phase3】 <8・9・10月 センター対策成熟期>
長文まで含めたセンター英語総合力の完成を目指します。全体の8割が第5・6問の合計得点8割以上を取ること を想定しています。

10月には再び2・3・4の復習を行いフォローアップします。早い者は筆記試験で9割を取るこ とも珍しくありません。

長文に必要となる独特なスキル「要約力」・「短期記憶保持力」の定着を図ります。この段階 で授業でのセンター英語得点カバー率は93%になります。

英検10月受験者にもフォローアップを継続的に行いますが、6月受験者よりも高い得点率を目標とします。
※今期は 10 月 7 日が受験日です。

<センター主体講義モデル>
20:00-20:20 音読テスト
20:20-21:10 長文 2 セット演習+講義
21:10-21:35 英作文テスト+解説
21:35-21:45 復習・ボキャブラリ復習テスト



【Phase4】 <11・12・1月 センター直前期>
筆記・リスニング合計で9割得点力の完成を目指します。

リスニングは自主学習である英語漬けだけでなく、キャ ンパス内に設置されている PCでのディクテーションでも可能です。

筆記・リスニングを合計すると250点となりますが、国公立大学が200点圧縮をすることが普通です。苦手分野に特化した講義+個別課題設定により弱みとなって いる分野を引き上げることも必要になってきます。

合計得点8割程度を全体の3割、8割5分を4割、9割を3割が 取ることを想定しています。
<講義モデル>
20:00-20:15 前週までの復習テスト
20:15-208:50 分野別演習+講義
20:50-21:20 センターリスニングテスト
219:20-21:45 復習・ボキャブラリ復習テスト・進捗ヒアリング




【Phase5】<1/20 以降・2・3月 二次直前期>
二次試験のアドバンスな内容の文法/解釈/和訳/長文演習を行います。

実質上英語T2講座へのリンク講座となりますが時間の都合上、山口大学二次試験に特化して過去問演習を行います。

センターと二次試験のレベルの違いに面食らう生徒 が大多数でしょうが、それが狙いです。それほどセンターと二次にはレベルギャップがあり、早期にそのレベルの違いを認識してもらいます。講座に参加している受験生は志望校に合わせて課題を作成します。非受験生は英検準1 級 を目標にしていくフェーズです。

<講義モデル>
20:00-20:30 山大分野別テスト
20:30-21:00 英作文演習+講義・解説
21:00-21:20 二次レベルボキャブラリテスト
21:20-21:45 復習・進捗ヒアリング

〈英語T2 コンセプト〉

【対象者】

・当塾キャンパスコース及び英語T1コースの受講者
・国立大/難関大受験生
・英検2級以上保持者

※なお、当塾の本課生の参加が優先となりますので、本課生で満席になるような場合は、外部生の方はご入塾いただけません。

【達成目標】

・国公立および難関大の英語2次試験での得点8割超
・2次試験問題の傾向把握および演習

【講義・演習対象大学】

山口大学、九州大学、広島大学、筑波大学、東京工業大学、東北大学、大阪大学、京都大学、東京大学、早稲田大学、慶応大学、上智大学ほか

【英語T2コンセプト】

i)センター試験とは別格の対策が必要

センター試験英語と各大学2次試験との間に存在する、大きなギャップを埋めることがこの講義の目的です。

センター英語は2次試験の基礎を作るうえでも非常に重要な役割を担っています。

しかしながら、2次試験はセンターでは要求されない英作文が配点の1/3以上を占めるようになります。

ii)アウトプット型学習の要点

つまり、センター試験でインプットしてきた基本的な英語力(単語・文法・読解)を応用し、具体的かつ文法に則した形で英語表現(英作文)としてアウトプットすることが求められます。

しかしながら、英作文については

①文法、②語法、③論理

を軸とする問題に対応した解答を作成しなければなりません。

この3点チェックを独学で行うことは非常に難しく第三者に添削指導を受ける必要があります。

それを行うのがこの講座です。

iii)進化するインプット

上述したようにアウトプット力を添削指導を受けながら高めることは2次試験で重要になります。

同時に、2次試験英文のほとんどがネイティブがネイティブ読者向けに書いた文章をそのまま、あるいは若干読みやすく改訂したものを試験問題としています。

つまり、センター英語のような読みやすい英語ではないという点にも注意しなければなりません。

当然に単語・文法/語法・長文読解を引き上げていかなければなりません。

本講座の受講生は、アウトプットの重要性を理解していくにつれ、インプットの質・量を同時に高めていくことになります。

最終的に英語を2次試験での得点源とするために、上記のようなトレーニングを「英語T1コース」とは異なるレベルで行っていきます。

受講生1人1人の志望校に合わせて、様々な質問・要望に今まで以上に応えることができる講座になっています。

英語は他教科と比べても、そして択一式のセンター英語とも違い、非常に解答の自由度が高くなります。また、 「唯一の正解」などは存在しなくなります。

だからこそ、「自分の解答でマルがもらえるのか?」と迷うわけですが、それらをこの講座で解消していきましょう。

英語T講座の概要
■対象
慶進中学3年、高校1年~3年、既卒生

■入塾対象者
塾は学びの場であることを強く認識し、周りの学習者へ迷惑となる行為を行わないと約束できる生徒。
■授業料等(税別)
入塾金  5,000円(内部進塾者は無料)

授業料  月額10,000円(本課生は8,000円)

教材費  入塾・進塾時に3,000円 随時教材を追加する場合がありますので、実費ご負担頂きます。
今年度カリキュラムについて

<2018年度・平成30年度>

曜日
コース       英語T1   英語T2
時 間       20:00-21:45   20:00-21:45
備 考 講義・演習形式
Copyright(c) 徳進館進学ゼミナール All Rights Reserved.

Page top